〔PHOTO〕iStock

「コロナ離婚」急増は本当か? ニッポンの夫婦「驚きの実態」

実は夫婦仲がよくなった人が多い

「コロナ離婚」という言葉が、センセーショナルにニュースへあらわれた。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務となり、自宅に籠もり切りになる家族。カラオケや飲み会など、一般的なストレス発散の方法はなし。

はけ口を失ってギスギスする関係。かねてから溜まっていた不満が爆発し、離婚へのカウントダウンが始まる――。というのが、一般的なコロナ離婚の想像だろう。

〔PHOTO〕iStock

簡易調査で判明した「コロナ離婚」の実態

論より証拠、私のTwitterからアンケート調査という簡単な収集方法だが、既婚者に向けて新型コロナウイルスの影響が始まったと思われる「2020年2月より前」と、「それより後」でどれくらい夫婦仲が変化したかを調査した。

以下は、156名から集まった最新の「コロナ離婚」に関するデータである。

 

(1)新型コロナウイルスの影響で仲は「よくなった」夫婦が多数派

まず、2020年2月以前と、それ以降で夫婦仲がよくなったと答えた方が30%に及んだ。夫婦仲が悪くなったと答えたのは11%で、実に3倍もの夫婦が新型コロナウイルスをきっかけに夫婦仲の改善を見ている。

具体的なエピソードとしては、

「一緒にいる時間が長くなった分、些細な冗談から将来のことまで話をする機会が増え、相互理解が深まって関係が良くなりました。

以前は夫が持病で外出しづらいことを負い目に感じているようでしたが、外出自粛によって負い目が軽減され、家でできる仕事に専念して精神的に安定してきたように感じます」

「新型コロナウイルスの影響で在宅勤務となった。3歳の娘と1歳の息子がいるため、在宅勤務の時には人手が増えることもあり、妻からの好感度や信頼度は上がっているように思います」

といった意見が出てきた。