『この世界の片隅に』公式HPより

歴史改変かリアリティか『この世界の片隅に』のセリフが変わった意味

映画から見る戦後史(3)伝えたい事実

2020年8月15日は、75回目の終戦記念日だ。そして8月6日には広島に、9日には長崎に原子爆弾が投下された。戦争を知る人がどんどん少なくなるからこそ、私たちはその現実を語り継ぐ必要がある。しかし「戦争」を題材とした映画やドラマが、必ずしも「史実」とは限らない。作られた時代の背景も踏まえて考証することで、私たちは「戦争」をより深く感じ取ることができるはずだ。

ジャーナリストの佐々木俊尚さんが戦後に作られた映画を分析していく「映画から見る戦後史」、今回は2016年に公開され、大絶賛を浴びた『この世界の片隅に』にたどり着くまでの作品を紐解いていく。

 

戦死した兵士たちは、
戦後の日本を豊かだと思うのか

1935年(昭和10)生まれの倉本聰が脚本を書いた『歸國』という戯曲がある。2009年に初演され、2010年にはテレビドラマになった。アジア太平洋戦争で戦死した日本軍兵士たちの英霊が、60余年ぶりに日本に戻ってくる。彼らの目に現代日本がどう映ったのかを描くという内容だ。

東京ディズニーランド Photo by GettyImages

英霊たちは東京ディズニーランドを見て驚く。ひとりが言う。「見なよこれ、さっきからまっさらな弁当や何やら食えるもんがどんどん捨てられてくんだ。どうして食えるのにこれを捨てるのか俺の頭じゃさっぱり判らねえ! それもこんなに大量にだぜ! ニューギニアの山ん中で食い物がなくてさ、カエル食いながら戦って戦死した戦友がこれ見たらいったい何て言うか!」(書籍版『歸國』日本経済新聞社、2010)

当時の兵士たちが、もしタイムスリップして現代のディズニーランドを見たら、本当にそう思うだろうか。単なる想像でしかないが、逆に「食べきれずに捨てるほど食べ物があるなんて、なんて豊かなんだ」と思った可能性だってある。

テレビドラマではビートたけしが演じた大宮という兵士が登場する。妹の息子である甥っ子(石坂浩二)は戦後立派に出世し、大学教授や政府の財政顧問になる。しかし多忙で病床の母親を放ったらかしにしたままで、ついに彼女が亡くなったときも冷淡だった。それに怒った大宮の英霊は甥っ子を刺殺する。英霊たちは語り合う。

「俺が聞きたいのはどうして我が国の戦後の家庭がそこまでおかしくなったのかという理由だ! 戦後65年、日本はあの敗戦から立ち直り、世界有数の豊かな国家として成功したんじゃなかったのか!」「成功しましたよ。日本は今や世界に誇る豊かな国家となっております!」「家族を省みぬ人間たちの社会が、それでも豊かと言えるのか!」

戦前にも家族を顧みない冷酷な人物はたくさんいたが、そういうことには言及されない。この作品には、現代社会のありように怒る倉本聰の心情がストレートに反映されている。それは表現のひとつのありかただが、そこには戦中派の心情のリアリティは感じられない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら