嘘の代償

「とくちゃん、アプリを教えてくれてありがとね。私の婚活、もうすぐ終わっちゃうかも!」

西麻布のラーメン店で小ぶりの餃子をつつきながら、留美は上機嫌で徳光の肩を叩いた。

「さすがに早すぎないか?積極的に婚活するのは賛成だが、結果を急ぐのはオススメしないぞ。例の商社マン、上手くいったのか?」

「あの商社マンは......」

留美は言葉に詰まる。結局、直彦に返信はしていない。

けれどなぜだか、あのヒョンビン似の男の顔は留美の頭から離れずにいる。

たった一度、1時間に満たないほどしか過ごしていないのに。しかもそのわずかな時間は、口論となっただけなのに。

「なんだよ、ただのチャラい男だったか?」

「ううん真逆。馬鹿正直な空気の読めない男で、私がちょっと怒っちゃったの」

渋々答えると、徳光は「ほう......」と神妙な顔で考え込んだ。

「外面の良い留美が初対面でキレるなんて珍しいな。いいんじゃないか、その男」

「ええ!?」

意外な返答に、留美はつい大きな声を出す。

「で、でも......私、そのあと医者の男に結婚を前提に付き合おうって言われたの。真面目なお坊ちゃんで、私をお姫様みたいに崇めてて......」

そのとき、スマホが振動していることに気づいた。噂をすれば佑太郎から着信だ。

まだ告白の返事はしていないが、あの夜以来、彼は毎日LINEや電話をくれる。

「『留美さんみたいに古風な美人は僕の理想だ』とか言うのよ。やっぱり女は愛されるのが一番よね」

留美は『後で掛け直す』のボタンをタップし、豪快にラーメンを啜る。

「いや......留美は顔だけは良いから、そいつ、お前に理想を押し付けてるだけじゃ......」

-AD-

ブーッブーッブーッブーッ

またしてもスマホが佑太郎の着信を知らせる。留美は再び『後でかけ直す』を押したが、数秒後、スマホは当然のように振動した。

仕方なく席を立ち、通話ボタンを押す。同時に、佑太郎の切羽詰まったような声が響いた。

「留美さんっ?今どこですか?自宅にいないんですかっ!?」

「あの......今は友人と食事をしてて......」

その勢いに思わず気圧される。一体彼は、何にそれほど焦っているのか。

「どこで?誰とですか?」

「えっと......西麻布で、古い友人と......」

「まさか、男じゃないですよね!?」

「女の子ですよ」

咄嗟に嘘をつくと、彼が安堵の息を吐くのが分かった。

「それにしても、こんな時間に西麻布なんかにいるなんて......。そうだ、すぐに車で迎えに行きますよ!店の名前は?」

「い、いえ。もうすぐ帰るので、大丈夫です!!!」

――な、なんなの、この男......!?

しばしの押し問答の後、留美はようやく電話を切って席に戻ったが、そこには勝ち誇った顔をした徳光が待ち構えていた。

「ほらな。その医者に決めるのは時期尚早だろ。冷静に見極めろよー」