新型コロナの影響で注目を集めている「マッチングアプリ」。スマホ一つで新たな出会いを探せるため、婚活の主流となりつつあります。

FRaU webでは、実際の取材に基づいた「アプリ婚活」のリアルを、共著作家の山本理沙さんと安本由佳さんによってノンフィクション小説としてお届け。アプリの「モテ技」テクニックも満載です。

主人公はコロナ禍で孤独を極め、本気でアプリ婚活を始めたアラサー男女。「結婚」や「幸せ」について見つめ直しながら、果たして二人はベストパートナーにたどり着けるのでしょうか?

【これまでのあらすじ】
アプリ婚した同期に衝撃を受けた工藤直彦(29歳)はマッチングアプリに登録。苦戦しつつもモテ技を実践しRumi32歳とマッチングした。しかし初デートで留美を怒らせ大失敗。謝罪の末に再び会うことになるも、またもや暗雲が立ち込める

29歳の商社マン、ついにモテ期到来!?

久しぶりに出勤した会社のデスクで、直彦は思わず「おっ」と声を上げた。

視線の先にあるのはマッチングアプリ。たった今、しばらく謝罪を無視されていた留美からついにDMが届いたのだ。

『今日の夜、表参道で会えますか?』

慌てて時刻を確認するともう16時を過ぎている。

まったく急な呼び出しだが、直彦に断る選択肢はなかった。再び留美の機嫌を損ねるわけにいかない。会議は終わったし、19時には必ず会社を出よう。

――いい波が来てるな。これがモテ期ってやつか……?

そっと口元を手で隠し、直彦はひとりほくそ笑む。というのも、実は先日マッチングを果たした花束ランキング1位のさくらともいい感じなのだ。

『アプリを始めたきっかけは?』
『誰かと会ってますか?』

マッチング以降、毎晩さくらから積極的にDMが届く。直彦も余計なことは言わず慎重に『次の駐在までに結婚相手を見つけておきたくて』『簡単にはうまく行きませんね……』などと返していた。

するとさくらがサラリと『ナオさんとごはん行きたいな』と言い出し、自然な流れでデートすることになったのだ。

――……落ち着け。ともかく、今夜は留美さんに集中だ。

柄になく浮ついてしまう自分をたしなめ、直彦は残りの仕事を片付けにかかった。