〔PHOTO〕iStock

コロナで日本人の恋愛が壊滅している…!6割超が「婚活休止」の現実 

このまま「非婚化」が進むのか

婚活や恋活というと、どことなく「大したニュースではない」ように感じられてしまうかもしれない。だが、恋愛・婚活人口が減れば、子どもの数は減る。

そしていま、全体の64%が「新型コロナウイルスの影響で婚活・恋活を休止」している。日本の恋愛は、壊滅しているのだ。

〔PHOTO〕iStock

新型コロナで壊滅する日本の恋愛市場

国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs」の母体である株式会社エウレカは、「新型コロナウイルスの恋愛・結婚の価値観への影響調査」を実施した。その結果、全体の64%が新型コロナウイルスの影響で婚活・恋活を中止したと発表した。

いまや、成婚者の4人に1人は婚活サービスを使っている。したがって、婚活市場が新型コロナウイルス以前の34%まで縮小すれば、結婚できる確率もガクンと下がる。

 

そしてもちろん、婚活市場が小さくなっているのは「結果」であって、原因ではない。新型コロナウイルスの影響で、出会いがリスクになっているのだ。

したがって、残りの「自然な出会い派」も、おおっぴらにデートを持ちかけることはできない。したがって、婚活のみならず結婚に繋がるすべての出会いがリスクにさらされている。