コロナ危機後も中国人がコウモリやヘビなど野生動物を食べ続ける理由

じか箸文化もなかなか変わらない
青樹 明子 プロフィール

野生動物を食べるのは究極の贅沢

新鮮さの他に、食材の珍しさにも、中国人の食に対するこだわりが表れる。

満漢全席といえば、西太后が愛した料理として知られているが、数日間かけて100種類ほどの料理が出されたという。山・陸・海などから珍味が集められ、ツバメの巣・フカひれなどはさほどの高級料理ではなく、ここで言う珍味とは、熊の掌・象の鼻の輪切り・蛇・猿などを指す。

食材は中国料理の基本である。

現代でも、高級になればなるほど、珍しい食材を使った料理が卓上に並ぶ。

外国人駐在員たちは、取引先との接待の場で、望む望まないは関係なく、日本では口にすることのない料理と相対する場面も少なくない。

友人の中国駐在経験者は、コウモリ、ヘビ、ゲンゴロウ、サソリなどを接待の席で食べた経験があると言う。

「多くは鳥類で、キジ、白鳥、クジャクの類は、よく出現しますね。某有名メーカーOBから『駐在員は食べ物に気をつけないといけないよ。変な病気もらったら会社に迷惑かけるからね』と注意されたことを、今回の新型肺炎騒動で思い出しました。でも相手は好意で高い料理をご馳走してくれているわけで、なかなか断れませんよね」

この友人いわく、ヘビは鳥のササミみたいな味だったそうだ。

 

食材としてだけではない。漢方では薬剤としても利用されている。野生動物は免疫力を高めるとされていて、農場で育った動物より、野生のほうが、栄養も豊富だと信じられている。

いずれにしても、中国人にとって、こうした野生動物を食するというのは、究極の贅沢であり、ごく限られた富裕層だけが可能である。

ウイルスの発生源とされているのにもかかわらず、中国政府がなかなか売買禁止にできないのは、野生動物を好む富裕層の反発を恐れているからという説さえある。

関連記事

おすすめの記事