〔PHOTO〕Gettyimages

『ハケンの品格』篠原涼子、「コミュ力高すぎ」な撮影現場でのスゴい素顔

誰に対しても態度を変えない

ぜんぜん格好をつけない

いよいよ『ハケンの品格』(日本テレビ系、水曜午後10時)が最終回を迎える。主演のスーパー派遣社員・大前春子を演じるのは前作同様、女優の篠原涼子。2007年に放送された前シリーズは平均視聴率20.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字を出した。

今シリーズは、前作放送時と派遣社員を取り巻く環境も大きく変化し、やや現実離れした設定に乗り切れない視聴者もいるようだが、7話まですべて視聴率2ケタをキープするなど健闘を見せる。そこには篠原のキャラクターの魅力が大きく起因しているようだ。

『ハケンの品格』公式サイトより
 

篠原と言えば、1990年にアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとして芸能界デビュー後、バラエティ等でも体当たりのコントなどを披露し、その飾らぬ性格で、男女問わず幅広い層からの支持を得た。

さらに歌手としても小室哲哉プロデュースで「恋しさと せつなさと 心強さと」をリリースすると、ダブルミリオンを売り上げるなど、頂点を極めると共に、女優業にも進出。少しずつ作品を重ねながら、実力をつけていった。

篠原を何度も取材したことがある雑誌編集者は、彼女の魅力を「格好つけないところ」と表現する。「もちろん撮影などでは、女性でもドキっとするぐらいビシっと決めます。でも本当に飾らないというか素直だなという印象があります」と言う。

篠原涼子〔PHOTO〕Gettyimages