〔PHOTO〕iStock

金価格、爆上がり中…! 金投資で「本当に儲ける」ルールを知ってますか?

無闇に投資するとリスクが高い…

金(ゴールド)が連日最高値を更新している。金に対する世間一般の関心は高く、コロナ危機をきっかけに金への投資を検討する人も増えているようだ。筆者自身もポートフォリオの一部を金のETF(上場投資信託)にしているし、金は買い方次第では、有力な投資対象になり得る。

だが、どんな投資対象もそうであるように、今、話題になっているからという理由だけで、十分な投資経験がないまま、特定商品だけに前のめりになる行為は極めてリスクが高い。金への投資には適切な順番というものがあり、その手順をしっかり踏むことをお勧めする。以下では、金投資のイロハについて解説していく。

〔PHOTO〕iStock
 

普通の人は「突飛な投資」をしてはいけない

筆者自身はこれまで20年以上にわたって投資を続け、現在の資産規模は数億円になっているが、本稿は、筆者のこれまでの実績と投資ファンド勤務で得た金融工学の知見などをもとに、資産運用の基本的な考え方について示したものである。

投資には様々なやり方があり、ここで提示する手法がすべての人にとって最適とは限らない。突飛に見えるやり方で大きな成果を上げる人もいるので、まさに投資は人それぞれだ。本稿で解説するのは、あくまでオーソドックスな投資手法であり、それ以上でもそれ以下でもないことをお断りしておく(筆者がオーソドックスな投資を勧める理由は、筆者も含めて大半の人が投資に関する天賦の才を持ち合わせていないからである。特別な才能がない以上、オーソドックスな投資に徹した方が不要なリスクを回避できる)。

金投資について考える際、最初に理解しておく必要があるのは、金というのは基本的にリスクヘッジ商品であり、主力の投資対象ではないことである。今も昔も資産形成の王道は、優良企業の株式に対する長期投資であり、この基本原則はコロナ危機が発生しようが、戦争が起ころうが変わりはない。