「今日は何もされなかった」

終わったあと、“マッサージ”を受けたはずなのに、どっと疲れていた。先にシャワーを浴びた私がベッドのある部屋に戻ると、マサキがハーブティーをいれてくれた。すでに服を着ている彼にシャワーを浴びないのかと聞くと、「ああ、いつもは全身をキスされたり舐められたりするから浴びるんだけど、今日は何もされなかったから、いいや」。 ……は? 「何もされなかった」? あまりにふてぶてしい発言にハーブティーを吹き出しそうになった。なぜ客である私がサービスせにゃならんのだ、と言いそうになるのをぐっとこらえて聞いた。

写真はイメージです〔PHOTO〕iStock

「え、お客さんがセラピストにそういうことしていいの?」
「うん、本番行為はダメだけど、それ以外ならけっこうみんないろいろしてくれるよ」

女性がサービスを提供する側の風俗では女性がリスクの高いプレイや本番を強要されることもあると聞くが、男性がサービスを提供する側ではそんな危険を感じないうえに、さらに気持ちよくさせてもらっているというのか。私はA店のマサキしか知らないので一概には言えないが、なんだか不平等だなと思った。

また、ホストの“色恋営業”のように、疑似恋愛を楽しむために利用している人が多数派で、私のように快感だけを求めている人は少ないとマサキは言う。ホテルを後にする時も、マサキは恋人つなぎをしながら駅まで向かおうとしたが、お金を払っているのに暗に「マグロ」と言われたようでイラついていた私は彼の手をほどき、「あ、私、ちょっと飲んでから帰るから。ここで」と言って駅とは逆方向に歩いた。マサキは呆れたように笑って「飲みすぎないでね〜」と言いながら手を振った。