近年、盛り上がりを見せている「女性用風俗」。コロナの影響で利用者が減っているといわれているが、一部のお店、また人気のセラピスト(女性に対しサービスを行う男性スタッフ)のHPのBBSには、コロナ禍をもろともせず、連日のように「今日はありがとうございました!」の感想が書き込まれている。やはりエロはコロナでも強い。

そんな女性用風俗を、筆者も2年前に初めて体験した。そのときに得たさまざまな気づきについてお話ししたい。

2時間10万円に驚愕!

きっかけは、知り合いのAV男優に勧められたからだった。私が、セックスのときに相手に気を遣って演技をしてしまい、なかなか気持ちよくなれないという悩みを話した時に、「女性用風俗ならサービスとして割り切れるから、そこでワガママになる感覚をつかんでみたら?」とアドバイスされたのだ。

早速彼が勧める、セラピスト全員が現役AV男優というお店のHPを覗いてみた。すると、あまりの金額の高さにおののいた。一番人気の男優とホテルで過ごすには2時間で10万円と記されているのだ。一番安い人でも3万円。これに交通費やホテル代などがプラスされれば、最低でも4万円ほどかかる。性感染症の検査などが徹底されていることを売りにしているし、おそらく“技術”もある。人は安心安全な性的快楽にどこまでお金を積めるのだろうか。私の中では、せいぜい1万円くらいだった。

〔PHOTO〕Getty Images

それから2ヶ月ほど経ち、女性用風俗のことも忘れかけていた頃、女友達との飲み会が思いのほか早く終わった日があった。22時。いまから一人でバーに行ってもいいけれど、馴染みの店に行くのも飽きたし、何か新しいことがしてみたい。そんな時に、あ、アレがあるじゃないか、と思いついた。早速、スマホで「女性用風俗」と打ち、いろいろ調べるなかで、セラピストがイケメン揃いで金額も60分1万円〜、性感染症の検査も定期的に行っているというA店を見つけた。