〔PHOTO〕Gettyimages

韓国、輸出低迷で大ピンチ…世界が「韓国への需要」を減らし始めた…!

「外需依存」がアダとなっている

外需の低迷…

足元で、コロナウイルスの感染再拡大によるリスク上昇で、韓国の製造業部門の雇用の悪化が深刻だ。

韓国の雇用労働部の発表では、6月、製造業の雇用は7.7万人減少した。2月以降、韓国の製造業の雇用は失われ続けている。

製造業部門は、輸出依存度の高い韓国にとって重要な分野であり、その分野での雇用状況の悪化は、韓国の社会と経済に大きな影響を与える可能性が高い。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

製造業部門で雇用が失われている背景の一つに、外需の低迷がある。

世界的なコロナウイルスの感染の再拡大によって世界経済の回復の足取りが怪しくなっており、それが韓国の雇用を直撃している。

これまで、世界の経済は4月第2週あたりに底を打ち、緩やかに持ち直しの傾向を示してきた。

ところが、コロナウイルスの感染が再び増加傾向を辿っていることもあり、世界的な回復傾向のペースは鈍化している。

今まで世界経済を支えてきた米・中では個人消費が伸びていないこともあり、V字型の景気回復を期待することが難しくなっている。

米国の4~6月期の国内総生産(GDP)成長率は、マイナス32.9%に陥りV字回復は期待できなくなった。

さらに、7月半ばごろから、米国をはじめ世界経済の持ち直しペースは明らかに鈍化している。

米国の経済政策への不安や感染の拡大などの影響は軽視できない。

外需依存度の高い韓国の雇用喪失は、世界経済の先行きがかなり険しいものになることを示唆している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら