「ヤバい校則」がまかり通る学校の闇…ツーブロック禁止は序の口だ

女子生徒の下着の色を確認する男性教員
大塚 玲子 プロフィール

生徒を苦しめる意味不明な校則

ここ数年、さまざまなトンデモ校則が注目を集めてきた。きっかけは2017年、もとの髪色が茶色の生徒が、府立高校から黒染めを強要されて大阪府を提訴したこと。これを機に、地毛が黒・直毛ではない生徒が高校から「地毛証明書」の提出を求められていたことや、体育の授業中の「日焼け止め持参・使用禁止」など、一般的な感覚からは理解しがたい学校ルールが次々と明るみに出た。

Photo by iStock
 

とりわけ、女子児童・生徒に対するルールは、耳を疑うようなものが多い。

・下着は白以外着用禁止(男性教員が直接チェックすることも)
・生理中でもプールに入ることを強要
・小学校で、体操服の下に肌着を着ることの禁止

このような校則では、「生徒を守るため」どころか、むしろ危険にさらしているのではないか。ここまで「さすがに、それは変」と思われるトンデモ校則を挙げてきたが、昔からある見慣れた校則だって、改めて考えればおかしなところはいくらでもある。「靴下の色は白以外禁止」「女子の髪のポニーテールの長さ指定」や「スカート丈の指定」等々、教育上どんな効果があるのか不明だ。

制服(標準服)の着用やランドセルの使用だって、本当に必要なルールと言えるだろうか。もはや当たり前の「風景」として馴染んでいるが、「何のため」と問われたとき、皆が納得できる理由を説明できる人はいるのか。慣習としてただ受け入れられている面が大きい。

ときどき生徒会を通して校則を変えようとする生徒もいる。試みがうまくいくこともあるが、担当の先生に却下されるケースも多い。中部地方のある中学生は、靴下の色指定を変えようと生徒会の顧問に相談したが、「伝統だから」と即座に否定された。生徒は「校則にふれてはいけないという空気を感じた」と母親に話したという。