バズーカの訓練の様子(毎日新聞社「サン写真新聞(1950年8月26日版)」)

自衛隊の前身「警察予備隊」の創設から70年…その知られざる誕生秘話

「天皇の軍隊」から「国民の自衛隊」へ

今年は終戦75年だが、自衛隊の前身のひとつである警察予備隊の創設から70年の節目でもある。警察予備隊は、1950年8月10日に発足し、12月29日に編成を完了した。

よく知られるように、その直接的な契機は朝鮮戦争だった。マッカーサーはその勃発を受けて、7月8日、「日本政府に対し、75000人の国家警察予備隊の創設と海上保安庁定員の8000名増加に必要な措置をとることを許可する」(大嶽秀夫編・解説『戦後日本防衛問題資料集』より。引用にあたっては一部表記を改めた。以下同じ)との書簡を吉田茂首相に出したのである。事実上の指令だった。

軍隊の復活なのか? 憲法9条との兼ね合いは? そのような問題を脇において、警察予備隊の編成は超特急で進められた。そのため、現在の秩序だった自衛隊からは想像もできないほど、さまざまな混乱や問題が立て続けに起こることになった。

警察予備隊の朝礼(毎日新聞社「サン写真新聞(1950年8月26日版)」)
 

大尉→中将級→大尉…役職が激しく乱高下

警察予備隊の編成は当初、旧軍の幹部を排除して行われた。背広組トップの増原恵吉長官も、制服組トップの林敬三総隊総監も、元内務官僚だった。そのため、上級指揮官の不足が悩みのタネだった。

NHKの記者を辞めて入隊した坂本力という人物は、東大卒で、戦時中に見習士官だったことを買われてか、いきなり一等警察士(大尉)に。しかも、中間司令部A司令官にも任命された。これは、現在の北部方面総監にあたる、中将級のポストであった。

詳しくない人のために書いておくと、将校クラスはおおむねつぎの順で偉くなっていく。

少尉<中尉<大尉<少佐<中佐<大佐<少将<中将<大将