子育てに欠かせないパンツスタイル

雅子さまは、2001年12月1日に愛子さまをご出産され、2002年2月にご公務に復帰されます。雅子さまがご公務をお休みされたのは3ヶ月余りです。皇室のご活動を会社員のための制度と比較するのはおこがましいですが、厚生労働省の産休育休の規定と照らし合わせると、産休(産前休業は出産予定日の6週間前から、産後休業は出産の翌日から8週間まで取得できる)は取得したけれど、育児休業(子どもが1歳になるまで)は取得しなかったことになります。

ここからは、御用邸で過ごされるご一家の様子と雅子さまの子育て中のパンツファッションを振り返ってみましょう。

オーバーサイズのシャツがハンサム!(2002年8月撮影)photo by gettyimages

2002年は、8月8日から8月22日の日程で、生後9ヶ月の愛子さまとご一緒に那須御用邸に滞在されました。天皇陛下が愛子さまを抱き抱えている写真は、那須を発つ日のご一家をとらえたもの。雅子さまはシャツとパンツのシンプルな子育てスタイル。ご公務ではクラッチバッグを携えるのが定番のスタイルとなっていますが、この日は両手が自由になるショルダーバッグを合わせています。

研ぎ澄まされたシンプルなスタイル(2003年4月撮影)photo by gettyimages

2003年は、4月12日から4月16日の日程で、葉山御用邸に滞在されました。御用邸内では、ご夫妻はシャツとパンツのシンプルなスタイルで、手にはカラフルな子ども用のスコップやバケツなどを携えていらっしゃいます。立ち歩きができるようになった愛子さまと、海辺で砂遊びをされるのでしょうか。