日本人がほとんど知らない、「英語ができる」と思われる“相槌の仕方”

海外歴が長い人でも意外と知らない
安部 かすみ プロフィール

間違いではないので注意されない

「Aizuchi」という言葉で検索すると「頻度の高い間投詞」「必ずしも相手に同意していることを指すものではない(ので注意)」などという英語の説明が出てくる。しかしそんな日本人特有の動きは、アメリカでそれほど知られているわけではない。

英語が少しわかるようになると、それまで理解できずに唇を噛んできた日々への反動で、自分の成長度(あなたの言っていること、今は100%理解できていますよ)や同調(そうだよね、わかるわかる)を伝えるための最大級のボディランゲージとして、相槌や合いの手が多くなる傾向がある。

photo by iStock
 

そしてアメリカに長く住んで英語もそこそこ話せるのに、英語での会話でいまだ相槌をたくさん打つ人が多いのは、その動作が不自然であっても間違いではないため、その癖をわざわざ指摘してくれる人がいないからだ。(そもそもアメリカ人はよっぽどの間柄でない限り、またあまのじゃくや英語の教師でもない限り、外国人が間違った英語を発しても指摘するのは失礼と捉え、聞き流す傾向にある)

しかしある程度英語ができるようになると、もっとスマートに会話を進めてみたくなるもの。日本人としてのアイデンティに誇りを持ち、押し通すのは決して悪いことではないし、その方が相手の記憶に残りやすいという利点もある。

しかし「自然な所作」を身に付けたいのであれば、普段打っている相槌や合いの手を思い切って止めてみる、もしくは半分以下に減らすことを心がけると、英語でのキャッチボール力が一段上がり、会話がよりスマートになるのでおすすめだ。