日本人がほとんど知らない、「英語ができる」と思われる“相槌の仕方”

海外歴が長い人でも意外と知らない
安部 かすみ プロフィール

意味のない相槌に注意

日本人にとっての相槌は、相手が言っていることについて「理解しています」や「同意します」ということを示す大切なボディランゲージである。また相手への気遣いでもあるから、話し手に安心感を与え、建設的な会話を進めるにあたって必要不可欠だ。

万が一、話し相手に相槌を打たれなかったら、話の内容が通じていないのではないかと不安になったり、同意されていないのではないかと疑心暗鬼にもなるだろう。

photo by iStock

また日本人特有のもう一つの相槌の特徴は、相手の言っていることがわからない時や必ずしも同意していない時でも自然と相槌を打つ。筆者にも自身の体験として、渡米したばかりのころの笑い話がある。

公園で新商品のプロモーションキャンペーンが行われていた。アメリカ人スタッフの1人が私の元に近寄って来て、熱心に商品の説明をしてくれたのはいいが、筆者は英語がチンプンカンプンで何を言っているのか飲み込めずにいた。

たまたまその企業には日本人スタッフがいて、その人が私にこう言った。「あなたは日本人ですね」。なんでわかったのかと尋ねると「日本人は理解していなくても、ウンウンと頷くから」とのことだった。筆者は説明を聞きながら無意識で相槌を打っていたようだ。

筆者自身、アメリカに移住して最初の数年間、英語の会話中、意味がわかったらわかったで一言ごとに大きく頷きながら相槌を打っていた。また悪いことに、意味が多少わからなくてもつい頷いてしまう癖もしばらく抜け切れなかった。

しかしこれは要注意だ。なぜならアメリカ人は頷かれることで相手が理解したと思うので、さらに早口で英語をまくし立ててくる。会話の最後になって「実は今話してくれた内容、まったく理解できていません…」なんていう言い訳は、恥ずかしくて絶対にできない。