新型コロナの影響で注目を集めている「マッチングアプリ」。スマホ一つで新たな出会いを探せるため、婚活の主流となりつつあります。

FRaU webでは、実際の取材に基づいた「アプリ婚活」のリアルを、共著作家の山本理沙さんと安本由佳さんによってノンフィクション小説としてお届け。アプリの「モテ技」テクニックも満載です。

主人公はコロナ禍で孤独を極め、本気でアプリ婚活を始めたアラサー男女。「結婚」や「幸せ」について見つめ直しながら、果たして二人はベストパートナーにたどり着けるのでしょうか?

【これまでのあらすじ】
結婚にアプリ婚した同期に衝撃を受けた工藤直彦(29歳)は、良縁を求めマッチングアプリに登録。Rumi 32歳とスムーズにマッチングするもDMの返事がこない。彼女は直彦をスルーし、ハイスペ男とデートしていたのだ。しかし教わったアプリのモテ技のおかげでついにRumiから返信が。だがせっかくの初デートで直彦は失態を犯してしまった

ピュアな独身男の過去回想

「私、結婚することになった」

話があるの、と呼び出された深夜のカフェ。

彼女の声が震えていたこと、大きな瞳が潤んでいたこと、耐えるようにキュッと結んだ唇が綺麗なピンク色だったこと―。

もう5年が経つというのに、直彦はこの夜の光景を今も鮮明に思い出してしまう。

学生時代、20歳で付き合い始めた薫とは社会人になって間もなく別れた。女子大を卒業し日系航空会社のCAになった彼女とだんだん予定が合わなくなり、直彦が振られたのだ。

しかし別れた後も誕生日には必ず凝ったLINEが届いたし、直彦が実家を出て初めて一人暮らしをはじめた時は「ちゃんと食べてる?」なんてわざわざ訪ねてきてくれた。

だから、全く知らなかった。薫がすでに別の男と付き合っていたなんて。

「本当はナオくんと結婚したかったの…」

消え入りそうな声で呟いた薫。

「そんなこと言わず幸せになれよ」なんて大人ぶった自分を、その後どれだけ後悔したかしれない。