# 韓国

文在寅が「元凶」… 韓国「安倍首相像」騒動のウラで起きているヤバい現実

日韓関係は一層悪くなる
武藤 正敏 プロフィール

政権が変わると謝罪を求める

日本はこれまで多くの機会に謝罪してきた。そして見識のある政府の時にはこれを受け入れてきた。しかし、政権が変わると再び日本への謝罪を求めてくるというのがこれまでの歴史である。

1995年、戦後50周年に際し、村山総理は談話を発表した。その中で、

「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に過ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます」

と述べている。

戦後50周年に談話を発表した村山元総理 photo/gettyimages
 

この談話は、単に官僚が作文して総理が発表した談話ではない。閣議で閣僚が議論し、より率直な内容となるよう修文して発表されたものである。村山総理が社会党から出た総理だからより前向きな表現になったと思われがちであるが、当時は自民党も入った連立内閣であり、自民党から出た閣僚も協力している。

その意味で日本としての真心が込められており、日本全体の意思で発出されたと考えるべきである。

その後日本政府は、この考えに立脚して日韓関係に取り組んできた。