19年、ファンミーティングでディスプレイに映し出されたヒョンビン

ヒョンビンだけじゃない!韓流人気スターが「いつでも脱げる」ワケ

韓国芸能界を生きる「役者魂」があった

ヒョンビンの肉体美は拝めなかったが…

『愛の不時着』のヒョンビンが演じたリ・ジョンヒョクは、第6話のある場面で「これまでに敵に倒されたことがないから」と、ヒロインのユン・セリにおずおずと告げる。

『愛の不時着』6話より
 

なんもそんなにおずおずしなくても…と思うのだが、リ・ジョンヒョクの魅力はまさにそんなふうに「男」を誇示しないところで、案の定というべきか、ドラマでは彼がその裸体を晒す機会は訪れなかった。

もちろんそんなもんなくても世界中の女子たちもヒョンビンにメロメロだし、この作品で韓国ドラマデビューした層であれば、夢中になるに値する面白さだったに違いない。

空前のヒョンビンブームに/photo by gettyimages

だがこれまでずっと韓流ドラマを見てきた筆者からすれば、シャツの上からでさえそれとわかる厚い胸板にガッチリと盛り上がる肩、太い二の腕を直接(じゃないけども)拝めないのは、クリームのってないクリームソーダ出されて「ソーダの中にクリーム味入れといたから、のっかってるつもりで飲んでな!」と言われているようなものだ。なんだか微妙に寂しい。

一般社会の実情はさておき、女性の露出描写を嫌う儒教社会の韓国では、テレビ(地上波)における女性の肌見せはほぼ脚のみに限られ、水着のシーンなども見られない。

その代わりといってはなんだが、妙に多く登場するのが「男の裸」である。「主人公の筋肉ボディが最大のウリ」かのように、とってつけたようなシャワーシーンなどが随所に盛り込まれた作品も少なくない。

ネット配信作品も充実、韓流肉体派スターの秘蔵ギャラリーはこちら
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら