# アメフト # アメリカ

“下着に防具”でガチ競技…!「ランジェリー・フットボール」を全米が切望するワケ

「コロナで中止は絶対に避けたい…」
マネー現代編集部 プロフィール

日本人選手にも期待がかかる

このXリーグ、もといランジェリー・フットボールは、セクシーな下着風のユニフォームを身にまとった女性選手、と聞いて日本では色者扱いされる場合もある。確かにリーグ結成当初は、女性の色気を売り物にしていた節はあったようだ。

しかし、試合内容の濃さ、選手たちの実力はもはや“本物”。実際、選手の経歴を見ると、バスケットボールやサッカーなど他のスポーツで輝かしい成績を残しているだけに、米国人にとってはすでにプロスポーツとして圧倒的人気を誇っている。

それだけに、今回の新型コロナの影響で、仮にNFLの開幕が難しくなった場合、このXリーグの開幕も危ぶまれてしまうのではないか、とファンたちも不安になっているという。

濱口芙由紀選手(Photo by GettyImages)
 

また米国人のみならず、足かけ10年にわたってランジェリー・フットボールのファンだと語る日本人も、このように語っている。

「昨年、日本人選手として初めて濱口芙由紀(はまぐち・ふゆき)さんが、ランジェリー・フットボールに出場を果たし、男性顔負けのプレイングで注目を集めました。Xリーグでも『LA Storm』というチームに所属しているので、何としても濱口さんの活躍を観たいですね」

はたしてNFL共々、Xリーグは無事に開幕へとたどり着けるのか。再び、彼女たちの熱き闘いを観れる日が待ち遠しいばかりだ。