Photo by iStock

「スマホ・ゲームは目に悪い」説、意外に「そうでもない」ことが判明

「やりすぎは近視のもと」は本当なのか?

「目に悪いから規制を」という声もあるが…

新型コロナの流行で学校が休校になった際、子どもが家にいることが多くなり、任天堂のゲーム機「Switch」の売り切れなどがニュースになった。

子どもがゲームをする時間が増えると、保護者・親としてはいろいろな心配事が出てくる。その一つがゲームは目に悪いのではないか、というものではないだろうか。

ゲームが目に悪い、近視の原因といった話は誰でも聞いたことがあるはずだ。先日、大学で子育てについての授業をしたときに、「子どものころに禁止されていたもの」についてアンケートをしたところ、アニメ『クレヨンしんちゃん』とテレビゲームという回答が圧倒的に多かった。ゲームの禁止理由には「目に悪いから」というものが含まれており、世の保護者・親御さんにとっては、ある意味あたりまえの認識になっているのだろう。

Photo by iStock
 

先ごろ、スマホやゲームの時間規制を盛り込んだことで大きな問題となった香川県「ネット・ゲーム依存症対策条例」の前文でも、ゲームと視力についての指摘があった。

条例では、「インターネットやコンピュータゲームの過剰な利用は、子どもの学力や体力の低下のみならずひきこもりや睡眠障害、視力障害などの身体的な問題まで引き起こす」と書いており、スマホやゲームによって目が悪くなることが、条例の立法根拠の一つとされているのである。立法の根拠にエビデンスがあるか否かは重要であり、もしエビデンスがなければ間違った認識の下に条例が作成されたことになる。

香川県よりもさらにラディカルなのが、中国である。中国国営の新華社通信は共産党総書記で国家主席の習近平氏にとって「わが国の若者の視力の健康は常に大きな関心事である」と書き、2018年からゲームの流通量を制限する政策を始めたと報じている。

このような世界の動きを見ていると、これほど「スマホやゲームは目に悪い」という説によって政治的決定がされているのだから、その科学的な裏付けがあるに違いないと思ってしまうが、意外にそうでもないのである。