Image by iStock

貯金3000万円で「海辺のリゾート」に引っ越し、すべてを失った夫婦の悲劇

たった2年半で…

豪華な食事と天然温泉

「まさかたった2年半で、老後のためにコツコツ蓄えてきた虎の子の3000万円を失うなんて、当時は夢にも思いませんでした」

こう語るのは、関東地方に住む70代の佐藤俊男(仮名)さんだ。俊男さん夫婦が、海辺のリゾート地にある高齢者施設に入居したのは今から3年ほど前だった。

50代で脱サラしてから、建設関係の会社を興して働きづめ、5年ほど前に事業は後輩に譲って引退していた。既に子どもたちもそれぞれの家庭を持ち、安心できる場所で夫婦そろって悠々自適の老後を送るはずだった。

「独立した子どもたちに迷惑をかけないためにも、一緒にで入居できる老人ホームでも探さなきゃね」

当時は、賃貸マンションに妻とふたりきりで暮らしていた俊男さん夫妻。今はともに健康だが、いずれはどちらかが介護が必要になるかもしれない。

Image by iStock
 

そろそろ、本腰を入れて終の棲家を探そうか…。そう妻と話していた矢先に、長年の友人から引っ越しのハガキが届いた。聞けば、都心から車で2時間程度のリゾート地に暮らしているという。

「豪華な三食付きで、天然温泉の大浴場もある。これまで精一杯働いてきたご褒美に、いい施設で残りの人生を過ごすのも悪くないんじゃないかな」

友人の説明では、この施設は元々、リゾートホテルだったが、今は福祉関連の事業を手がける法人が買い取り、高齢者が終身で入居できるように運営しているとのことだった。