# カレー # 飲食店

ゴーゴーカレーの「快進撃」が止まらない、理由は“世界観”にあった…!

国内外で新店ラッシュ、そのワケは

「日本一店舗数の多いカレーチェーン店と言えば?」と聞かれたら、おそらく誰もが正解するだろう。そう、「カレーハウスCoCo壱番屋」だ。

では、二番手はどこか、と言われれば、それは「ゴーゴーカレー」だ。ココイチとの店舗数の差は1000以上と、大きく離されているものの、“業界第二位”として不動の地位を確立している。

そんなゴーゴーカレーが今、出店攻勢に打って出ている。新型コロナウイルス感染拡大が続いている直近の4〜7月だけでも計8店舗(うち、期間限定店舗1店、別業態1店)をオープン。また国内のみならず、昨年末には米国の店舗数を10にまで伸ばしている。

快進撃が止まらないゴーゴーカレー。その強さの秘訣とは何か――。『それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』の著者・村瀬秀信氏が語る。

イラスト:サカモトトシカズ
 

ド派手な黄色の看板にゴリラのマーク

“金沢カレー”というものをご存知だろうか。

・ルーはドロリと濃厚
・付け合わせにキャベツの千切り
・ステンレス皿に先割れスプーン
・ライスが全面ルーに覆われる

そんなものが主な定義であると、最近仲良くさせてもらっている島田さんという病的なカレー好きの会社員に聞いた。何故か旅先の広島で。

金沢カレーの店ではターバンカレー、チャンピオンカレー、カレーのアルバなんてあたりが有名らしいが、東京で最も有名な金沢カレーといえば、やはり“金沢カレーブームの火付け役”「ゴーゴーカレー」だろう。