(C)Troll/POPLAR (C)2020東映まんがまつり製作委員会

「プリキュアの父」が危機感と期待を込めて児童書発アニメに全力を注ぐ理由

『おしりたんてい』『人体のサバイバル!』…

2020年は4月に『かいけつゾロリ』(ポプラ社)が12年ぶりのTVアニメ化、7月31日に「科学漫画サバイバルシリーズ」(朝日新聞出版)初のアニメ映画『人体のサバイバル!』が公開、8月14日には人気児童書『おしりたんてい』(ポプラ社)や『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(偕成社)などを劇場アニメ化した『東映まんがまつり』が公開。さらには人気絵本『ティラノサウルス』(ポプラ社)もアニメ映画化――と、児童書発のアニメが次々公開・放映される。

しかし、ゲーム化と海外販売でリクープ(資金回収)をめざすことの多い深夜アニメ、あるいはおもちゃやゲームメーカー主導の玩具連動型キッズアニメと比べて、児童書発のアニメはどうしても売れるものや売り先が少なく、ビジネスとして成立させることが難しいとされ、制作本数自体が相当に限られてきた。

ここに来て続くことになった児童書発のアニメは、ビジネス的にはどんな狙いがあって成立しているのか。そして手がける側の想いとは?

この流れのキーパーソンである、『プリキュア』の産みの親として知られ、『おしりたんてい』『人体のサバイバル!』などでプロデューサーを務める東映アニメーション執行役員・鷲尾天(たかし)氏に訊いた。

(C)Troll/POPLAR (C)2020東映まんがまつり製作委員会
 

子ども向けアニメの減少はなぜ危惧すべき事態なのか

――子ども向けアニメの現状についての鷲尾さんの考えをお聞かせください。

鷲尾 作品の本数がどんどん少なくなってきています。ほんの数年前までテレビ東京では平日夕方1時間、計10本はアニメの枠だったのが、今はその本数もやや欠けてきていると思います。それ以外の局でも放送時間の変更などがあり、新しい作品が生まれにくくなっています。

今、大人向けのアニメを観ているみなさんは、小さいころからアニメを観ているから見慣れているし、思い入れもある。でもキッズアニメが減少しているこの傾向が続くと20年、30年後には子どもも大人もアニメを観る習慣はなくなってしまうんじゃないか。それがこわいわけです。

――『東映まんがまつり』と銘打った興行(劇場作品)が29年ぶりに2019年に復活し、今年もありますが、その意図するところは?

鷲尾 新しい作品の出口が必要なことと、子どもたちの映画館デビューになる興行がほしいという2点です。たとえば『プリキュア』の劇場版は1本の長いお話ですから、もともと興味を持っていないと行きづらく、ほかの作品も観てもらうきっかけも作りづらい。でも『東映まんがまつり』スタイルであれば『おしりたんてい』にしか興味がなかった子でも、同時上映の『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』や『仮面ライダー電王』『りさいくるずー』など他の作品を観て裾野が広がるのでは、と。