TBS『半沢直樹』公式ページより

『半沢直樹』第2話も反響続々…「尾上松也の瀬名社長がとにかく可哀そう」

大和田の「顔芸」もジワる…

7月19日よりスタートしたドラマ『半沢直樹』(TBS日曜劇場/夜9時~)。放送されるや、国内及び世界のTwitterトレンド1位を記録。新型コロナの影響で開始が延期となっていた本作ですが、2013年の放送以来の続編とあって、今期の最期待株として注目されています。

本記事では、第2回の放送をライターの今井模子さんがレポート。第3回までのおさらいとしてお楽しみください!※本記事は第2回のネタバレを含みますのでご注意ください

瀬名社長がフルボッコに…

初回放送からの興奮冷めやらぬまま、迎えた第2話。

IT企業・電脳雑技集団からの買収の危機にある、スパイラル社。先週はスパイラルの瀬名社長(尾上松也)が創業時代からの仲間2人から裏切られていたことが分かりましたが、なんと今週はそれ以上にフルボッコにされる内容だったのです。

誰もが、瀬名さんの幸せを願わずにはいられません……!

TBS『半沢直樹』公式HPより
 

スパイラルの財務アドバイザーである大洋証券の営業部長・広重(山崎銀之丞)は、買収の防衛策として、一千億の新株発行の案を提案しました。このホワイトナイトも既に目星がついており、瀬名が憧れるIT業界のカリスマ、フォックス社だといいます。

すぐにスパイラル瀬名、大洋証券の広重、そして瀬名が呼んだ半沢・森山も同席し、フォックスの郷田(戸次重幸)と面談することに。話には瀬名も納得し、明日の朝8時に契約しようとトントン拍子。でも……半沢はなんだか物言いたげな表情。

実は、フォックスは業績が順調ではないという噂がありました。それなのに、一千億もの資金をどこから仕入れるのか? 財務情報を見ると、メインバンクはよりにもよって東京中央銀行。これは、匂いますね。