子どもを賢くするには?本のプロが伝授「読み聞かせと本選びの答え」

ふたりの男親が語り尽くす
海猫沢 めろん, 飯田 一史 プロフィール

本やコンテンツを介して友だちができる

飯田 「勉強ができるようになる」以外に子どもがいろいろ本を読んでいてよかったことってありますか?

海猫沢 本に限らないんだけど、小学校に入る前に意識的に子どもの間で流行っているものをあれこれ見せたり、やらせたりしたんです。「友だちが多いやつっていうのは、おもしろいか、コミュニケーションコストが低い相手なんだ」と教えたの。教室で「あれ知ってる?」って言われたときに「知らない」って言うやつは話が進みにくくてコミュニケーションコストが高い人間になってしまう。だからいろいろ知っといたほうがいいんだ、と。

飯田 身に覚えがあるので言うんですけど……「あいつはあれが好きだから友だちになれそう」とか「あいつと仲良くなるには、あのへんのことに詳しくなればいいのか」みたいな考えって完全にオタクの発想ですよね。固有名詞を通じてしか他人と会話できない(笑)。

海猫沢 あああっ! 確かに!(笑) まずい! 無意識にオタクのコミュニケーションの取り方を教えていた……。

飯田 コミュ力が天然で高い人は知識なしでも相手との距離感を詰められますから。でもたしかにコミュ力がもともと高いわけでなければ「本やコンテンツを介して友だちを作れる」というのは、早めに気付いた方がいい処世術かもしれません(笑)。