photo by gettyimages

なぜ「半沢直樹」より「大和田暁」を求めてしまう視聴者が続出しているのか

香川照之の圧倒的な存在感

大和田は続編となる原作には登場しない

『半沢直樹』(TBS系)が最高のスタートを切った。世帯視聴率で第1話の22.0%に続いて、第2話では今年トップタイの22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。さらに第1話は録画視聴を含めた総合視聴率でも33.0%を叩き出したほか、日曜夜はネット上の話題を独占するほどの勢いを見せている。

ただ放送前は、最終話が平成ナンバーワンの世帯視聴率42.2%を記録した前作から7年が過ぎ、加えてコロナ禍で3か月間延期されたことで、「旬を逸した」と不安視する声も少なくなかった。

予想以上のスタートダッシュに加え、まだまだ右肩上がりで伸びていきそうなムードを醸し出しているのはなぜなのか? その理由を考えたとき、真っ先に浮かんだのが香川照之演じる大和田暁の存在感だった。

存在感バツグンの大和田(香川照之)/photo by gettyimages
 

大和田がキーパーソンとなりそうな最大の理由は、「続編ドラマのベースになる原作小説に登場しない」から。2013年を振り返ると、前作がヒットして池井戸潤氏の原作小説が売れに売れた。それは前作のベースになった『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』だけでなく、続編ドラマのベースになる『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』も同様。

つまり、放送前から「多くの人々が続編ドラマの展開や結末を知っている」というハンディを背負うことになる。そこで新たな楽しみを与えられるのが、『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』には登場しない大和田。原作小説を読んだ人も、「大和田はどんな形で登場するのか?」「半沢と大和田はどう絡むのか?」という新たな興味から続編ドラマに期待しているのだ。

ここまでは池井戸氏の許諾を得た上で、原作のストーリーに違和感なく大和田を溶け込ませている制作サイドのファインプレーと言えるだろう。