photo/istock

「暑さ対策グッズ」爆売れで、じつは株価が上がる「意外な会社」の全実名

今週の「AI株価予報」で読む

今年は「暑さ対策グッズ」に注目

西日本から徐々に梅雨明けが始まり、荒天の合間に強い日射しが射し込む日も増えてきた。

気象庁によると、今年8月から10月の3ヵ月予報では、西日本や関東の気温は「平年よりも高い」、東北以北は「平年並みかやや高い」という。特に8月は全国的に厳しい暑さになると予報している。

photo/istock
 

今年はコロナの影響で、外出する際にはマスクがほぼ必須になっている。ただでさえ例年よりも暑い夏で、「マスク熱中症」になりかねない事態も考えられるだろう。ちなみに、7月上旬に都内で熱中症で運ばれた人の数は、例年の10倍以上にのぼったという報道もすでに出ている。マスク着用の関連性がゼロとは言い切れない。

このような状況の中で、今年の夏は例年以上に「暑さ対策」グッズに人気が集中することは間違いない。

昨年ごろから街中でよく見かけるようになったのが、首にかけたり手に持って使う「ハンディー扇風機」。また、今年ヒットの兆しがみられるのが、内蔵された扇風機が服の中に風を送り込む「ファン付きウェア」。これまではどことなく抵抗感もあったが、マキタやワークマンなど今注目の企業が比較的リーズナブルなファン付きウェアを次々と発売、取り扱いを始めていることもあり、着用する人も増えた。