photo by gettyimages

鞘師里保、モー娘卒業後初舞台にファン「待ってた!」セクシーダンスも披露

インスタ開始後わずか3か月で

満を持しての再出発

7月21日、shared TRUMPシリーズ音楽朗読劇「黒世界 ~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~」(9月20日より東京・大阪で上映)に参加する、制作陣が発表された。

劇作家・末満健一がライフワークjとして掲げる作品「TRUMP」。不死を失った吸血種「ヴァンプ」たちが、永遠の命を持つとされる吸血種「トランプ」の不死伝説に翻弄されていく様が描かれている。その世界を拡張する「shared TRUMP」シリーズは、1つの世界観を複数の作家が共有して創作する“シェアードワールド”の手法を用いた新たな試みだ。

2014年、ミュージカル「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」でも主演を務めた鞘師。本作でも主演・リリー役を続投する photo by gettyimages
 

今回の「黒世界」では、末満と6組の作家による短編アンソロジー「雨下の章」「日和の章」が同時上演される。「雨下の章」には柿喰う客の中屋敷法仁、小説家・推理作家の降田天、作家集団GoRAの代表・宮沢龍生が参加。「日和の章」ではお笑いコンビ・ハライチの岩井勇気、クロムモリブデンの葛木英、GoRA所属の来楽零が脚本を担当する。

本舞台で最も注目されているのは、元・モーニング娘。の絶対的エース・鞘師里保の主演起用だ。主人公のリリー役を『LILIUM』より続投することになった鞘師は、2015年のグループ卒業後、久しぶりの舞台出演となる。

鞘師里保公式インスタグラムより

鞘師といえば、今年4月にインスタグラムを開設して話題を呼んだばかり。3か月ほどで、18.2万人のフォロワーを獲得した。インスタグラムでは、レッスン中のダンスを披露。セクシーかつキレッキレのパフォーマンスがファンを沸かせている。最新の更新では黒メガネをかけたオフショットを投稿。「可愛いい!」と絶賛するコメントが溢れた。

鞘師は2011年1月にモーニング娘。に加入、2015年12月に卒業。その後は散発的な活動にとどまっていた。だが、2019年には3月にハロー!プロジェクトのグループ合同コンサート「ひなフェス2019」に出演、6月にはメタルダンスユニット「BABYMETAL」のライブにサポートダンサーとして参加し、観客を驚かせた。

準備期間を経た2020年、鞘師の本格的な「再出発」が見られそうだ。