甲子園が日本人にとって「特別」なワケ…高校野球「青春」の黒い裏側

煽る新聞社と古臭い高野連が最大の黒幕
広尾 晃 プロフィール

協力できない高野連と高体連

前述のように、高校野球は他の高校スポーツとは統括する団体が違う。硬式、軟式の男子高校野球を統括するのは、公益財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)だ。これに対し、他の主要な高校スポーツを統括するのは公益財団法人全国高等学校体育連盟(高体連)だ。

高野連と高体連は別の組織であり、人的交流などもほとんどない。

高野連の前身である全国中等学校野球連盟は、1946年に、のちに三代目高野連会長となる佐伯達夫らの奔走で誕生した。戦前の日本野球は「敵性スポーツ」として政府や軍部からにらまれ、様々な制約を受けてきた。

佐伯は、高校野球の独立性を保ち、「プロの養成機関ではなく教育・人間形成の場」として確立するために、高野連を設立。「高校生らしさ」を基本とする高校野球独特の「アマチュアリズム」を貫いてきた。丸坊主や大声でのあいさつなど、高校野球独特の「文化」も高野連が醸成したという面がある。

Photo by gettyimages
 

高体連は、高野連より2年遅い1948年に創設され、1963年からは全国高等学校総合体育大会(インターハイ)を主催している。インターハイは、高校野球以外の主要なスポーツをする高校生たちにとって、最大の目標となっている。

当初、高体連には各高校の野球部も加盟していた。東京都など一部の地方では高体連主催の野球大会も行っていた。しかし、高野連はこれに強硬に抗議。「高体連の大会に出た高校は、甲子園の予選に出場させない」という通達を出した。

それ以降、都道府県ごとに高野連を作る動きが進み、高校野球部は高体連を脱退して、各地の高野連に加盟するようになったのだ。以後、高体連と高野連は「没交渉」が基本になっている。

ちなみに男女のソフトボールは高体連に加盟している。また女子野球は、高野連にも高体連にも所属していない。

高野連と高体連は、ともに体育会系の文化で、上下関係に厳しい。またセクショナリズムもある。体質的によく似ているが、それだけに連携したり、共同歩調をとったりするのが難しいようだ。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/