photo/gettyimages

日本銀行、いよいよ動き出した「デジタル通貨」計画のヤバすぎる中身

世界的な開発競争が始まった

日銀が「デジタル通貨」計画に動き出した…!

2020年夏、新型コロナで世界の経済情勢はここ数十年で経験したことがない状況下におかれている。そんな中、各国中央銀行による中銀デジタル通貨(CBDC)に関するニュースが相次いで伝わっている。

年始には、日本銀行(日銀)が、他の主要中央銀行や国際決済銀行などとともに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用可能性を評価するための研究グループを設立した。また、2月には決済機構局に研究チームを発足させ、7月には「デジタル通貨グループ」を新設している。

さらに、7月17日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」に、「中央銀行デジタル通貨については、日本銀行において技術的な検証を狙いとした実証実験を行うなど、各国と連携しつつ検討を行う」という一文が加わった。

今年に入っての日銀の動きに、政府が乗ったような状況といえよう。

黒田総裁率いる日銀がいよいよ動き出した photo/gettyimages
 

7月2日に日銀がHP上で発表した第一弾のレポート「中銀デジタル通貨が現金同等の機能を持つための技術的課題」では、「誰もがいつでも何処でも、安全確実に決済に利⽤できる」という現⾦の特性をCBDCが備えるための技術的な課題について整理している。

本レポートでは、「CBDC が「ユニバーサル・アクセス(Universal access)」と「強靭性(Resilience)」という2つの特性を備えることが、技術的に可能かどうか検討することが重要なテーマとなる」と指摘している。

つまり日本国民全員がスマートフォン(スマホ)を保有していない状況下では「ユニバーサル・アクセス」の観点で懸念が残るというわけだ。