7月26日 Bluetooth1.0の仕様書が発表される(1999年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1999年のこの日、エリクソン、IBM、インテル、ノキア、東芝の5社によって設立された業界団体からBluetooth(ブルートゥース)の仕様書が発表されました。

Bluetoothはスマホとワイヤレスイヤホンの接続や、パソコンとマウスの接続などに用いられる通信規格で、比較的近い距離での通信に利用されます。

スマホとスピーカーをつなぐのにもBluetoothが使われている Photo by gettyimages

新型コロナウイルス感染症の対策として登場した「接触確認アプリ」において、他の利用者との接触を検知しているのもBluetoothの技術です。

ちなみにBluetoothという名称は、ノルウェーとデンマークを統合した「青歯王」に由来しており、「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められていたそうです。