「去年飲ませ忘れた薬」が危険な理由

また、去年飲ませ忘れてしまった薬が余っているからと、検査をせずに余っていた薬を飲ませてしまうオーナーがたまにいる。しかしこれは危険な行為だ。前の年に薬を飲ませ忘れたという事は、既に犬がフィラリア症にかかっている危険性がある。
もしも犬の心臓の中でフィラリアが大人になっていて大量に幼虫を生んでいたら、駆虫薬を飲ませることにより体の中の幼虫が一斉に死亡し、犬がショック症状を起こしたり、大量の死んだ幼虫が細い血管に詰まったりして、死んでしまうことがある。

安易な気持ちで前の年の余りを飲ませるようなことはせず、必ず愛犬がフィラリアにかかっていないかを病院にチェックしに行って欲しい。

またあまり知られてはいないが、猫もフィラリア症にかかる可能性がある。もし猫を屋外に出す場合は、ノミ・マダニだけでなく、フィラリア症も予防できる薬を毎月使った方がより安心だろう。

ちなみに猫では蚊による被害の1つに、蚊刺咬性過敏症という皮膚病がある。これは蚊に刺されたことによってアレルギー反応を起こし、主に猫の鼻の先や耳たぶがかゆくなってしまう病気である。

片川さんのところに治療にきた猫ちゃん。問診、症状診、症状および皮膚検査より、蚊刺咬性過敏症が疑われた 写真提供/片川優子 

単純に蚊に刺された場所がかゆいというわけではなく、アレルギー反応の一種なので、たとえ刺されたのが一箇所だとしても、掻き壊しにより耳が血だらけになってしまうこともある。アレルギー反応を抑える薬を飲ませれば、痒みが改善する可能性が高い。思い当たる場合はぜひいちど相談してみて欲しい。