蚊が媒介するフィラリア症

蚊が媒介する病気もたくさんあるが、日本で一番怖いのはフィラリア症だろう。
フィラリア症にかかった犬の血を蚊が吸い、その蚊がまた別の犬の血を吸うと、目に見えないほど小さいフィラリアという虫の幼虫が犬の体の中に入っていく。このフィラリアは犬の体内で6ヵ月ほどかけてゆっくりゆっくり大人になっていく。

大人になったフィラリアは最終的に犬の心臓に寄生する。そこで大人のオスとメスが揃うと次々と幼虫を生み始める。寄生された犬は、心臓に寄生した成虫によって息が苦しくなったり、お腹に水が溜まったり、空咳が出たりといった症状を出し、なにも治療をしないと死んでしまうこともある。

犬を飼っている人ならば、毎年5月ごろになるとフィラリア症の駆虫薬を飲み始めることだろう。この薬は、まだ犬の体に入ったばかりの幼虫を殺すものである。幼虫が成長するには時間がかかるため、ひと月に1度薬を飲めば、もし犬の体にフィラリアの幼虫が感染していたとしても、大人になる前に残らず駆虫できる、という仕組みである。
つまり、フィラリア症予防のために飲ませている薬は、幼虫が体に入るのを阻止するとわけではなく、入ってきた幼虫を殺すための薬なのである。そのため、蚊が出始める時期よりも少し遅れて飲み始め、蚊がいなくなった少しあとまで飲まなければならないのはそういった理由である。

フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊が感染していない犬を刺すとうつってしまう。自分の犬のためにも、他の犬のためにもフィラリア症予防大切だ(この写真の犬たちが感染しているわけではありません) Photo by iStock