〔PHOTO〕iStock

「レズ風俗」にハマる女性が続出中…知られざる「新しい快楽」の秘密

そこでは何が行われているのか

「レズ風俗……そんなのあるの!?」――コミックDAYSで連載中の『愛されてもいいんだよ』のヒロイン、23歳のOL・倫(りん)は、知り合ったばかりの女性から「女性専用レズ風俗店 ゆりとぴあ」のHPを見て、心のなかでそう叫ぶ。同じように感じる読者は多いのではないだろうか。性風俗店といえば男性のためにあるもの。そんな時代は終わりつつある。女性向け風俗、なかでも女性が女性に性サービスをする「レズ風俗」の台頭が目覚ましい。

レズ風俗店に所属し女性にサービスする"キャスト"となった倫を描く『愛されてもいいんだよ』の作者、天野しゅにんたさんと、レズ風俗店を展開する「レズっ娘クラブ」の代表・御坊(おぼう)さんによるクロストークをお届けする。同グループは、2007年に「レズっ娘クラブ」を開店、現在は東京・大阪で計3店舗を構える業界のトップランナーで、同作に取材協力もしている。

【構成】三浦ゆえ

 

レズ風俗、本当にあるんだ!

御坊:『愛されてもいいんだよ』おもしろかったです! 僕はレズ風俗店の経営者で、しかも男なんで、実はキャストがお客様をご案内する現場の様子は知らないんです。「本当にこんな感じなんやろうな~」というリアリティを感じながら読ませてもらいました。

天野:ありがとうございます。私が描いてきた作品は、“百合モノ”……女性同士の恋愛や性愛について描くコミックのジャンルに属します。その世界では以前からたびたびレズ風俗が登場し、私も目にしてはいたのですが、一方でなんとなくそれはファンタジーの産物なんだろうと思っていたんですよ。ところが、永田カビさんの漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(2016年、イースト・プレス)を読んで、本当にあるんだ! と驚いたんですよね。

御坊:永田さんが訪れたのが、うちのお店だったと。同じく漫画がきっかけで知ってくださった方、多いです。

天野:どんな女性が利用しているのか、働いているキャストさんはどんな人たちなのか……すごく好奇心を刺激されました。