# サブスク # トヨタ # 自動車

大苦戦のトヨタのサブスク「KINTO」…結局、トクなのか損なのか

利用者のタイプによって分かれる
工藤 貴宏 プロフィール

それらを加味すると今回のハリアーのパターンではKINTOのほうがコストパフォーマンスは高いと断言できる(ただし月々の支払額は車種により異なるし、状況によりKINTOと残価設定ローンのコスパが逆転する可能性もある)。

ちなみに契約終了後は、KINTOでも残価設定ローンでも、あらかじめ定められた走行距離(3年間で5万4000km)をオーバーしたり、クルマの状態が悪く車両価値が低下していると判断された場合以外は超過分の清算は不要だ。

一方で、デメリットがまったくないわけではない。それは、あらかじめ契約した期間内は基本的に乗り換えできないことだ。これは残価設定ローンと同じ条件ともいえるが、長さは3年、5年、もしくは7年と定められている。

ただしここにも配慮があり、乗り換えの追加料金を支払えば途中でプラン変更による乗り換えがおこなえるほか、海外転勤、免許証返納、運転困難時、死亡などの場合は中途解約金なしに解約が可能となっている。

また、KINTOのプランでは選べる車種やグレード、そしてボディカラーはあらかじめ選択肢が設定されているので、購入と異なり自由に仕様を選べないのもウィークポイントの一つだ。

 

KINTOに向いてる人、不向きな人

ではズバリ、そんなKINTOを積極的に使うべきはどんな人だろうか。それはクルマを所有したことのない、もしくは所有歴の浅い若いドライバーである。

そんなドライバーが任意保険に加入すると、保険料が驚くほど高くなりがちだ。しかしながらKINTOなら任意保険料込みの金額なので、トータルで考えると出費が少なく済む。

また若いドライバー以外でも、事故などを繰り返して保険料が高額になっている場合はKINTOを契約すると出費を抑えることができる。任意保険料まで含めた月々支払額という部分がKINTOの肝と言っていいだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事