シャーフーもあるけど、かわいい声でリクエストも

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

今日紹介するのは、キジ白のハチワレの「ロコちゃん」です。以前紹介した、ロクジュ&ロッシュちゃんロンちゃんチーちゃんと同じ、多頭飼育崩壊の現場から保護された猫です。飼育しきれないほどの猫とだけ暮らしていたので、人馴れしていなくて、保護した当初は、警戒心が強くシャーフー、と威嚇することも多かったロコちゃんでした。

写真/ミグノン
名前:ロコちゃん
性別:女の子
年齢:推定9歳
性格:警戒心は強いけど、実は心優しいツンデレさん

保護してしばらくは、威嚇も多かったロコちゃんですが、預かりボランティアさんの家に移ってからは、お腹を見せて寝るなど、次第にリラックスできるようになってきました。今も、急に近づいたりするとシャーとか言ったりすることもありますが、狂暴というわけではありません。

その証拠にお腹が空いたり、甘えたりするときには、ちょっと高い声でしかも小さ目音量でリクエストします。預かりボランティアさんのお話だととてもかわいい声だそうですよ。

ツンデレがお好みの人には、病みつきになってしまうかわいらしさなのです。

まん丸顔で表情もかわいいロコちゃん。写真/ミグノン

ロコちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

まだまだ、たくさんの保護動物がいます。ミグノンの保護動物一覧はこちらに

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」も募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。