都知事選大敗後の野党合流、党名より気になる過去の「裏切りと恨み」

9月解散説が囁かれている中で…
安積 明子 プロフィール

2年9ヵ月の裏切りと恨み

「『民主党』でやりたいという意見も出た。逃げるのではなく、出直したい。もう一度やらせてくれという決意だ」

ある参加者が両院議員懇談会の様子をこのように話した。

「大きなかたまりを作るのはいいが、現場で戦ってきた人の意見をもくみ取るべきだ。選挙でライバルだった党名を受け入れるのは、さすがにしんどい」

2017年の衆議院選で政党がバラバラになった時、辛抱を強いられたのが参議院だったが、ある参議院議員は次のように打ち明ける。

「衆議院が割れた時、我々も早く新しい党に移動しようとしたが、『そのうち一緒になるので、しばらく民進党で待ってくれ』と言われた。にもかかわらず、幹部が次々と離脱して立憲民主党に合流した。我々は置いてけぼりにされたのだ」

 

まずは福山哲郎氏が立憲民主党に参加し、幹事長に就任した。民進党代表だった蓮舫氏も、遅れまいと年内に参加。そもそも民進党の分裂劇の始まりは、蓮舫氏がいきなり代表を投げ出したことに遡る。蓮舫氏が投げ出さなければ前原誠司代表が誕生することはなく、山尾氏が幹事長に抜擢されることもなかったはずだ。

このように見ていけば、新党の名前を何にするか、誰が主導権を握るかという問題以前に、立憲民主党と国民民主党の間に存在する2年9ヵ月の裏切りと恨みを考えなければならないことがわかる。

たとえ同じ政党になったとしても、それらが消え去ることはありえない。それが「次の衆議院選のため」という便宜上のものなら、なおさらそうであるに違いない。