立憲民主党の枝野幸男代表〔PHOTO〕gettyimages

都知事選大敗後の野党合流、党名より気になる過去の「裏切りと恨み」

9月解散説が囁かれている中で…

何が野党合流を急がせるのか?

9月解散説があちこちで囁かれているためか、最近の永田町はとみにかまびすしい。コロナ禍で集会の開催を自粛していた自民党の派閥は、7月16日の志公会(麻生派)のパーティーを皮切りに、研修会など次々と開く予定だ。

野党も同じく慌ただしい。とりわけ立憲民主党は、7月5日に投開票した都知事選で自分たちの影響力の欠如に驚愕したことが合併を急がせる原因になったと言われている。

〔PHOTO〕gettyimages
 

立憲民主党は日本弁護士連合会元会長の宇都宮健児氏を推薦したが、宇都宮氏が獲得したのは84万4151票で、過去2度の出馬で獲得した票数(2012年は96万8960票で、2014年は98万2594票)よりも格段に少なかった。

しかも都内の共産党票がおよそ70万票、社民党票が10万票とすると、立憲民主党の票はほとんど“蒸発”してしまったのも同じだからだ。

ここに来て一気に立憲民主党と国民民主党の合流の話が本格化したのは、これとは無縁ではないだろう。両党が声をそろえる「大きなかたまりを作る」というのは、選挙を見据えた言葉であるのは当然だ。ただしかつては同じ民主党だった両党だが、再度一緒になるのはかなり大きな抵抗があると思われる。