ランチ営業も実施している
# 新型コロナウイルス

外食業界で一人勝ち、新星「焼肉きんぐ」の食べ放題が魅力的すぎる

キーワードは「オーダーバイキング」

「外食一人勝ち」の焼肉店

新型コロナウィルスの影響で、外食産業が大ダメージを受けているのはご存知のことだろう。だが、ある外食業態が順調な回復を見せ、「一人勝ち」の様相が浮き彫りになってきている。それは焼肉店だ。

なかでも、ロードサイドを中心に展開する「焼肉きんぐ」の人気が赤丸急上昇中なのをご存じだろうか。

「焼肉きんぐ」仙川店
 

ステイホーム期間では、内食や中食が主流となり、外食の回数は激減した。その影響をモロに受けたのが、居酒屋やビュッフェ、ファミレスといった形態である。だが、外食ニーズが低下する中でも、「お店でなければならない」ものの代表格が「寿司」「焼肉」である。

「寿司」はテイクアウトやデリバリー対応のイメージも強く、ステイホーム期間中も消費者にとって身近な存在であった。一方「焼肉」はと言うと、「お家焼肉」は存在しても、やはり「お店スペック」の本格焼肉は家では味わえない。そのため、緊急事態宣言明けに自然と集客が回復したのだ。

もちろん、ひとくちに「焼肉業態」と言っても、実に多種多様なビジネスモデルがある。個人店、チェーン店、高級店、一人焼肉店、食べ放題店…。このなかでも特に好調なのが、「一人焼肉」と「オーダーバイキング」の形態だ。

「一人焼肉」で話題になっているのが、今怒涛の勢いで店舗数を拡大している「焼肉ライク」だ。都心部を中心に開店すれば即行列。隣の席との間仕切り、「2分30秒で客席全体の空気が入れ替わる」という、店内換気をしっかり打ち出した「ウィズコロナ飲食店」の最右翼である。

最近は地方立地やロードサイド立地での出店も増えてきているが、やはり新橋や新宿のように、都心部の乗降者数の多いターミナル駅近くの店舗の賑わいが注目されるところだ。