夜の街だって......(photo by iStock)

政府を甘やかさないよう、日本人はもっと「自己中」になろうよ

自己中、マンデヴィル、必要悪①
個々人が利益を求めて「自己中」に走ることは、社会の公益につながる!?
新型コロナをめぐって日本国民はどう振る舞えばよいのか、京都先端科学大学講師にして、ダンスポップシンガーソングライター兼作曲家・編曲家でもある甲田太郎氏が、18世紀英国の思想家マンデヴィルの思想から読み解きます。
 

もらえるお金を、どうしてもらわない?

京都で研究と音楽活動を続けている私は、昔から人間の性善説と性悪説の論争に興味があり、思想・哲学・倫理・教育など様々な観点から研究をしていますが、昨今の新型コロナをめぐる日本国民の反応には疑問を感じています。

「自粛警察」なる方々が出現する一方で、給付金をもらうことに反対する一部の国民の声がインターネットに散見されたのは非常に驚きでした。

まずは、「自粛警察」について。今のところ、緊急事態宣言は解除されているようですが、宣言中には「営業自粛しろ!」と市民に叫ばれた気の毒なお店がたくさんあるようです。

私は新型コロナ自体の危険性は理解できますので、命を守るために自粛することには賛成です。

しかし、「国民は自粛しなければならない」って、日本の法律のどこかに書かれているでしょうか?

しょせんはただの「宣言」であって、国民は法に触れない限り、何をしようが自由だと思いませんか。

次に、給付金について。給付金をもらって何か困る人がいるでしょうか。なぜか政府のお財布事情を心配して、給付金に反対する人の多かったこと。

「税金が増える」? そんなことを決める人など政治家に選ばなければ済む話ではないでしょうか。

過去にも、「保育料無料化」というニュースへのコメントで、育児中だというお方が「絶対反対」と書き込んでいらっしゃるのを見かけました。

もらえるお金は、何でももらっちゃえばいいでしょうに。誰のために反対していらっしゃるのでしょう。

「道徳」はまやかしにすぎない

さて、京都大学の学部生・院生時代を経て、現在は京都先端科学大学に勤務する私の研究テーマは、18世紀英国のバーナード・マンデヴィルの社会思想です。

バーナード・マンデヴィル

彼は著作『蜂の寓話』の中で、人間が利己心に満ちた動物であることを暴露し、社会秩序を維持するために国民を誘導しようとする政治家たちの知恵を考察しました。

国民が信じている「道徳」は、政治家や哲学者・宗教者から吹き込まれたまやかしにすぎず、それに国民がだまされているおかげで社会がうまくいっているというのです。

一方でマンデヴィルは、政治家は国民が利己的な動物であることを前提として政策を考えなければならない、とも考えていました。日本のみなさんが重視すべきなのは、むしろこちらの方だと思います。

彼の思想はまた後で考察するとして、まず私はみなさんに、「自己中のすすめ」を行いたいと思います。私の個人的視点から見る限りでは、日本の大人の国民がこれ以上利他心を増大させる必要はありません。

日本の上層部の方々が出した「緊急事態宣言」は、しょせんただの呪文のようなものです。呪文を守らなかったというだけで叩かれるのは、ちょっと酷ではないでしょうか。

コロナ禍の中、インターネット上で見かけたコメントの中には、「みんなで力を合わせて自粛してコロナを乗りきろう!」というものがありました。私などは、子供時代に体育でやらされた全体主義的マスゲームを思い出して寒気がしてしまいます。

力を合わせるのは素晴らしいことですが、このような空虚な掛け声で国民が力を合わせなくても生きていけるような政策を行うのが、政治家のお仕事のはずです。

何の法的拘束力もなく何の補償も明記されていない、単なる「宣言」という呪文めいたものを国民が無視しても、批判される妥当性は本来ありません