写真=JMPA

小室さんも困惑? コロナによる「ビザ規制」に振り回される米留学生たち

強制帰国の可能性はまだゼロではない

公式見解は発表されていない

アメリカの学生や高等教育機関は今、さまざまな情報により混乱に陥っている。

米トランプ政権が7月6日に打ち出した外国人留学生に対する新方針 ── 学校が今秋以降、オンライン授業のみの場合、入国に必要なビザ(査証)が無効になるという措置 ── について、教育機関などから抗議を受け、14日「撤回に合意した」とボストンの連邦裁判官から発表があった。

photo by gettyimages
 

しかし、アメリカ当局からの公式発表はまだされていない状態で、さまざまな憶測が飛んでいる。16日、在ニューヨーク日本国総領事館が発信したニュースレターには、このようにある。

「本16日午前10時現在、本件に係る米政府の公式見解は発表されていない」

筆者が在ニューヨーク日本国総領事館に問い合わせをしたところ「『撤回に合意』との報道があったのは承知しているが、アメリカ政府やICE(米国移民関税捜査局)から正式な発表はまだない状態」だという。

領事館には学生からいくつか問い合わせがきているそうだが、まだ不明であることから「ここで安堵して情報収集を止めてしまうのではなく、学校と連絡を取りながら情報収集を続けることを奨励しています」とのことだった。

新措置からたった1週間での撤回の報道に学生や教育機関が安堵したが、実のところは「まだよくわからない」状態だ。学生や教育現場は困惑を隠し切れない。