photo by Gettyimages

私が大学をみて日本と日本人の未来に「絶望」した「シンプルな理由」

まずクォーター制で呪縛を解け

日本のすばらしい特質と

私がまだアメリカの大学生だった1980年代、日本は世界の中で「輝き」を放っていた。好意的には「サクセスストーリー」であり、警戒心の立場からは「異質」「脅威」とみられていた。かくも激論の対象になる日本を自分の目で見てみたい、私はこんな単純明快な理由で今からちょうど30年前の1990年7月に来日した。

当初は、日本政府の国際教育交流事業、JETプログラムで、兵庫県の多可郡中町(現・多可町)の中学校の英語指導助手に赴任し、2年間過ごした。その後さらに日本に関わりたく、神戸大学大学院法学研究科(五百旗頭眞教授の研究室)に進んだ。

日本に来たいと思った当初の疑問の答えはすぐに見つかった。日本の国力の原点は、人々とその社会だ。勤勉さや真面目さ、礼儀正しさ、地域社会・組織志向、助け合いの重視、我慢強さ、といった特徴だ。

これらはほかの国にもある要素だ。しかし、50カ国以上を訪問してきた私が知る限り、日本はトップクラスだ。このことが、経済成長や、幾度かの大災害からの復興を可能にした。

しかし、これらの特質にはマイナスの部分もある。強固な団結は縦割りで閉鎖的、排他的な社会をもたらし、透明性に欠け、機動力がなくて融通が利かず、外部との連携やアイデアの共有を妨げている。

 

その日本は、バブル崩壊後、長期低迷に陥った。経済が低迷しただけでなく、政治も外交も不安定化し、なにより日本人から自信が消えていった。

その原因は、ここで述べたような、日本的特質のマイナス面が日本の足を引っ張り続けたことにあると考えている。

そして、この問題が特に強く表れている場所がある。大学である。

photo by Gettyimages