これさえ読めばわかる!理系の定番ツール「LaTeX」とは何か? 

数式のあるレポートを書くなら必見
理系のレポート作成・論文執筆の定番「LaTeX」とはどんなツールなのか?

初心者向けの入門書『LaTeX超入門』の著者・水谷正大氏(大東文化大学教授)にその魅力について解説していただきました。

レポートに数式が必要ならばコレ

LaTeXというコンピュータ文書作成システムをご存知でしょうか(LaTeXは「ラテック」または「ラテフ」などと読みます)。

複雑な数式を含むレポートや、必要な情報を指定された様式に従って記述する学術論文、目次・索引が必要な書籍など特に理系の文書を作成するために世界中で利用されているツールです。

LaTeXの魅力のひとつは数式表現の美しさです。たとえば根号を何重にも使った黄金比を表す数式、

大きな括弧を使った行列、

あるいは、シグマ記号を使った数式や、連分数も美しく表現できます。


このような数式を含んだ文書をコンピュータで作成しようとしたことのある方は、それが意外に難しいことをご存じかと思います。

また、

のように化学式も簡単な記述で表現可能です。

 

さらに、次のように図にキャプションと図番号を割り振って張り込むことも簡単です。

ちなみに、この図自身もLaTeXの機能によって描かれています。

多少手間はかかりますが、次のような複雑な図も描くことができます。