*クレジットのない画像は筆者提供
# 飲食店 # 新型コロナウイルス

喫茶室ルノアールは「ニューノーマル時代のオフィス」になる

都心に「格安のオフィス」を持つ裏ワザ
新型コロナウイルスの感染拡大で会社がテレワークを導入した人も多いだろう。しかし、もともと「住む」ことを前提とした自宅で、ストレスなく働くことは思いの外難しい。しかも、オンライン会議となるとなおさらだ。
そんなビジネスパーソンの悩みを、都心を中心に約100店舗を構える喫茶店チェーン「(株)銀座ルノアール」が解決してくれるという人がいる。
ルノアール好きが高じて、電子書籍「喫茶室ルノアール“本”店 vol.1」まで出版した「ルノアールを愛する会 会長」の山内真太郎さんが、同チェーンの貸会議室「マイ・スペース」の賢い利用法を徹底解説する。

悩ましい「オンライン会議どうするのか問題」

新型コロナウイルスの影響で全国的にテレワークが導入されてずいぶん経ちました。それまで自宅と職場を切り離して生活していた多くの皆さん(筆者もそうです)は、なんとか自宅で働く環境を整えようとワークデスクを買う、あるいは子ども部屋や食卓を臨時オフィスにする等の工夫をされていることでしょう。

Photo by iStock

しかし、オンライン会議をストレスなく実施できる環境を整えるのに、多くの方が苦労されているのではないでしょうか。仕方ないのでオンライン会議のたびに長時間かけて出社する、というのもスマートではないですよね。

本記事の執筆時点では、まだまだ予断を許さないものの徐々に移動制限が緩和されつつあります。しかし、「ニューノーマル」と呼ばれる新しい働き方が今後も一般的になることは間違いありません。

オフィス縮小を検討・実施する企業も増えてきていますが、自宅の限られたスペース内での解決が困難な「オンライン会議どうするのか問題」のクリアなくしては、「企業としてニューノーマルに対応できている」とは言い難いのではないでしょうか。

 

「分散型オフィス」の理想と課題

そのような状況下で、3密を回避しながら効率的な働き方にシフトする、という理想を実現するために、自宅でも全社員が集まるオフィスでもない「分散型オフィス」の必要性が高まってきています。これはいくつかのサテライトオフィスを新たに用意し、そこに出社してもらう、というものです。

しかしこのサテライトオフィス導入には、たとえばコスト面で下記のような課題があります。