台湾のファンイベント「鬼滅之刃only」をレポート

7月11日昼前、台北にある台湾師範大学中正堂の周囲には、長い列ができていた。前日の気温は38度を上回り、立っているだけで汗が吹き出してくる。そんな猛暑ではあるが、新型コロナ対策として、行列に並ぶ人も整理するスタッフも皆、マスク姿だ。

ここは、台湾でも大人気『鬼滅の刃』ファンによるイベント会場だ。「鬼狩奇譚〜鬼滅之刃only」と題された2日間に渡るイベントは本来、4月開催が予定されていた。

比較的ゆったり見えるのはソーシャルディスタンス保持のためだ(撮影筆者/以下同)

4月というと、台湾も新型コロナの影響が色濃かった時期。日本同様、公共交通を利用する際にはマスク着用が義務づけられ、大型のイベントは次々と中止になった。その後、2ヵ月以上市中感染ゼロが続き、感染源は海外だと見極められたことなどがあって、6月に入るとイベントの開催が認められるようになった。そして下旬には、台北でようやく3000人規模のコンサートが再開したばかりだ。

今回は、会場に入れる客の人数は一度に300人までと決められている。体育館のような会場の、窓はすべて開けられ、かつカーテンを下ろした状態で、ほんのりとエアコンが効かせてある。会場内では時折、入退場に留意するようアナウンスされ、スタッフの苦労も一際だ。

このように台湾では今、市中感染がなくとも、丁寧な運営によって社会活動が維持されている。

口コミで広がった「鬼滅」の魅力

到着して、同作の主題歌や関連曲の流れる会場をゆっくりと回った。10代から30代くらいの女性がほとんどだ。男性は数えるほどしかいないため、かなり目立つ。

前方には、すべて違った作者が手がけた主要キャラの等身大パネルが立てられていた。パネルの前で写真を撮る人たちもいる。8列ある出店者用のスペースは、それぞれの作品が所狭しと並ぶ。出店数は全部で200。登場キャラにアレンジが加えられたイラスト類に同人誌、アクリルなどで加工されたキーホルダー、コスプレした実写の写真、あるいは、主人公がつけていた耳飾りなどアクセサリー…ひとつの作品がこれほどに多様な才能を開花させるのだ、と感じられた。

禰豆子が竹ではなくマスク姿なのも、この時期ならではといえる

会場のオープン前から行列が始まったブースがあった。聞いてみると、その筋では有名な同人作家さんによる出店で、新刊が販売されたのだ。SNSで新刊情報は拡散され、ファンはその情報を元に買い求めていた。その告知が抜群に効いていたのだろう、箱から取り出された冊子は、行列の人の手に渡り、次々と売れていく。

新作を手にしていた1人に話を聞いた。季子さんは19歳の大学生。大学では日本語を専攻している。幼稚園から日本のアニメに触れ、これまでにたくさんの作品を見てきた。『鬼滅の刃』を知ったのは友達からの情報だったという。

「アニメを見ていた友達から、19話がすごくよかったと聞きました。ぜひ見てと勧められて、日本語版のコミックを読み始めました」

コミックを手にした理由は、アニメより先のストーリーがあるからだ。日本でも3日に発売されたばかりの最新刊を読んだか聞いてみると「まだです。台湾は日本よりも発売が少し遅いんです」と言う。

10月に日本では映画が公開されるようだと伝えると「台湾で公開されたら、友達と一緒に絶対に観に行きます」と少し興奮気味に答えてくれた。