新型コロナの影響で「出会い」が変わる…? 3月以降、各地の婚活イベントは中止が続き、合コンや街コンも開催が厳しい状況が続いています。そんななか、注目を集めているのが「マッチングアプリ」を使った婚活。オンラインデートやオンライン合コンなどが行われ、出会いの場もリアルからオンラインにシフトしつつあるようです。

FRaUwebでは、「マッチングアプリ婚活」のリアルを共著作家の山本理沙さんと安本由佳さんによってノンフィクション小説としてお届け。実際の取材に基づき、アプリのテクニックも満載です。

主人公は、コロナ禍で孤独を極めた独身アラサー男女。本気でアプリ婚活に励みながら、「結婚とは何か」「幸せとは」について見つめ直していきます。果たしてベストパートナーにたどり着けるのでしょうか…?

もう「SNSには疎い」じゃ済まされない

ニューヨーク駐在から帰国した商社マン 工藤直彦は、浦島太郎の気分を味わっていた。

『アプリはモテない男女が使うもの』または『遊び目的のツール』

そんな風に思っていたが、この数年でマッチングアプリは完全に市民権を獲得。令和の男女は出会いも効率を重視し『アプリ婚活』が主流になっているというのだ。

SNSに疎い直彦は戸惑いを隠せないが、コロナ禍で独り身の孤独を痛感。ついに『マッチングアプリ』という新世界の扉を開くことにした―。