筆者撮影

『愛の不時着』ロスに贈る、北朝鮮バーチャル「聖地巡礼」

訪朝43回のジャーナリストが秘蔵写真公開

韓国取材で北朝鮮に「不時着」

韓国ドラマ『愛の不時着(サランウィ・ブルシチャク)』の人気が続いている。韓国の財閥令嬢のユン・セリと北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の人民軍将校リ・ジョンヒョクとの波乱に満ちたラブコメだ。

この作品の大ヒットから、北朝鮮の村の様子や女性たち、ジョンヒョクの部下の「第5中隊」兵士たちといった庶民の暮らしにも関心が集まっている。そのリアリティ豊かな描写は「脱北者」たちのアドバイスを反映しているからだというが、もちろん、ドラマならではの、絶対にあり得ないことも山ほどある。

私は1992年から昨年10月まで、計43回にわたって北朝鮮取材を続けてきた。首都・平壌(ピョンヤン)だけでなく、地方都市も数多く訪れ、個人宅にもかなり行っている。そして1回の取材で3000~5000枚の写真と、動画を撮影してきた。

韓国での取材は47回。韓国で取材を続けていて、気が付いたら、北朝鮮に「不時着」していた。隣国の韓国へ強い関心を持てば、朝鮮半島の北側への興味が沸くのは自然の成り行きだろう。私の「不時着」についてここでは省略するが、ご興味のある方はぜひ『朝鮮で見た<日本>知られざる隣国との絆』(岩波書店)をご覧いただきたい。

今回は、ドラマ『愛の不時着』に登場する北朝鮮内のさまざまな事柄を、このドラマにドハマリした人たちのために、現地の実際の写真を交えて解説したい。いわば北朝鮮のバーチャル「聖地巡礼」だ。

現在、北朝鮮は新型コロナウイルス感染防止のために外国人の入国を禁止しているが、解除後に「聖地巡礼」をしようとするならば、必ずや役に立つことだろう。これから紹介する写真と話は、すべて私の北朝鮮取材に基づくものである。

歴史の舞台「非武装地帯」

第1話と第9話でセリとジョンヒョクが歩き、このドラマで重要な舞台となっている「非武装地帯(DMZ)」とはどんなところか。

1950年6月に始まった朝鮮戦争は、1953年7月に休戦した。つまり終戦はしておらず、韓国と北朝鮮は、今なお戦争状態にあるのだ。休戦時の前線の位置が現在の軍事境界線となり、それから南北それぞれ約2キロメートルずつの幅をとって非武装地帯が設定された。

北朝鮮の監視所から見た非武装地帯(2018年6月撮影)

この中には南北が設置した多くの監視所があり、さまざまな種類の、約200万個もの対人地雷が埋設されている。だがほとんど人が入らないために、かつての農地には自然が回復し、今や6000種を超える動植物がみられる「自然の宝庫」となっている。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年9月、国連総会の一般討論演説で、非武装地帯のユネスコ「世界遺産」登録を目指したいと表明した。

ドラマでは、非武装地帯内から盗掘団が高価な文化財を盗み出し、その金が軍幹部に流れるという話が重要な役割を果たしている。だが、今までに非武装地帯や隣接する「開城(ケソン)工業団地」で見つかっているのは、旧石器時代の石を打ち砕いてつくられた石器くらいだ。

非武装地帯内にある監視所(2018年6月撮影)

板門店(パンムンジョム)は、非武装地帯の軍事境界線上にある。南北分断の厳しい状況を外国人観光客らはここで感じるわけだが、非武装地帯の状況までは分からない。だが、それを見ることができる場所がある。

開城の街から、農地の中の未舗装の狭い道を北東へ約40分いくと、そこに朝鮮人民軍の監視所がある。土とコンクリートで造られた分厚い壁越しに、軍用双眼鏡で非武装地帯を眼下に見渡すことができる。

 

すぐ近くに、小高い山の上に設けられたいくつもの監視所が見える。その周囲は、侵入者を見つけやすいよう木々は刈り取られ、赤土が剥き出しになっている。遠くを見ると、韓国の街並みや、走っている自動車まで見ることができ、まさに、軍事的に対峙する国家と国家の最前線という緊張感が伝わってくる。