Photo by iStock

コロナ後、これから「めちゃ売れるもの」「もう売れないもの」全実名

消費は戻ってくる。ただし…

日本人の「現預金」が急上昇している…!

6月末に日本銀行が発表した2020年第一四半期の資金循環(速報)によれば、個人の金融資産は19年12月末から3.4%減の1,845兆円となった(図表1-1)。

株価下落の影響が主因であり、減少率としてはリーマンショック後最大となった。

一方、現預金は前年比2.1%増で1000兆円台を維持したことから、金融資産に占める現預金の割合は54.2%へ急上昇した (図表1-2)。

【図表1-1】個人金融資産残高
【図表1-2】現預金が金融資産に占める割合
出所:図表1-1,2ともに日本銀行よりマネックス証券作成
 

個人の預貯金の増加の背景にあるのは何か。

給付金等による増加もあるが、それ以上に効いていると思われるのは、新型コロナの行動制限による支出の抑制である。