Photo by GettyImages
# 韓国 # エンタメ # アイドル

セクシーすぎて放送禁止…!「韓国アイドル」のヤバすぎる黒歴史

超過激なパフォーマンスに驚愕

闇に葬られた“過激すぎる”アイドルたち

日本でのK-POPアイドルの勢いはとどまることを知らない。とりわけ今、ホットなグループと言えば、先月デビューメンバーが発表されたばかりの「NiziU(ニジュー)」だろう。

「2PM」「TWICE」といった人気グループの生みの親・J.Y.Park率いる韓国の芸能事務所JYPエンターテイメントと、日本のソニーミュージックの共同企画である「Nizi Project」。

そこから誕生した、日本人9人組ガールズグループ・NiziUは、6月30日にプレデビュー作となるミニアルバム『Make you happy』をリリースするやいなや、オリコン週間デジタルランキングでデジタルシングル(単曲)、デジタルアルバム、ストリーミングすべてで1位となる“初登場三冠”を達成した。

話題のオーディション・プロジェクトから誕生した 「NiziU」
 

もちろん日本のみならず、近年では「BTS」を筆頭に「BLACKPINK」「SuperM」などのグループがこぞってアメリカでのプロモーションに注力するなど、世界でも存在感を増している。

ただ忘れてはいけないのは、この一大ブームのウラに、いくつもの消えていったK-POPアイドルたちがいることだ。

この十数年にわたり、ドラマ、音楽、食など様々な分野で「韓流」ブームが起きては消え、幾度も盛衰を繰り返してきた。そして、K-POPアイドルもまた、その都度、音楽性やパフォーマンス、メンバーのコンセプトなどを変えてきた。

その中で、韓国アイドル業界の間で「黒歴史」と呼ばれる時代があったことをご存知だろうか。それが、2010年代半ば頃、K-POPアイドルたちの間に広まった「過激すぎるセクシーブーム」だ。